グラウンド施設設計/GROUND DESIGN



 

グラウンドを創る

そのグラウンドは誰のため、何のために創るのでしょうか。

 

私達がなぜグラウンドづくりを生業としたのか。それは利用する側の気持ちをよく知っているからです。

 

子どもたちが一生懸命ひとつのボールを追いかける姿を毎日見ているからこそ携わるグラウンドに妥協はしません。「関わる人の熱量がそのグラウンドの魅力となり価値へとつながる」そんな理念のもと私達はそのグラウンドづくりをサポートします。


実際に携わった苗場グリーンランドのグラウンドづくりではこんなエピソードがありました。

整地する、グランドの適正

グラウンド用地を開拓することは容易では有りません。地盤はグラウンドにとって


意外のグラウンド豆知識、どんな場所にもグラウンドは、作れるんです。みたいな感じ

グランドを造る上での選択

C. グランドを造る上での選択、業者への丸投げから、分業、全てをこなす。の3つの選択があったと思います。その上で、安価だけど大変なグランド造成について、人との交流についてのテキストをいただけますでしょうか?


人集めの苦労のコメントもらえますか?

人との交流について

D. グランド造成について、人との交流についてのテキストがつづきます。テキストが長くなっても構いません、画像を足すことで調整の予定です。ここのコラムが一番KICHIのグランド事業の強みになる箇所だと思います。


半ば素人の方々に作業を覚えてもらう苦労などありましたか?

サッカーをプレイする

E. サッカーをグランド上でプレイする、当たり前のことをグランドを造るところから携わる、おそらく造るではなく創るということに他ならないと思います。実際に、ys football clubを運営にするにあたっての理念に通じると思うので、サッカー理念とグランド作りについての関連テキストをお願いできますか?


ここの部分は、Ys football club子供たち目線にグラウンドについてのコメントを紹介したいです。ここのコラムでYs football clubの多くに触れ紹介したいです

最後にひとこと

F. 最後に、未来についてを100字以内でひとこともらえますか?

事業公開

G. 事業公開をはじめ、レクチャーも開催いたします。
お気軽にご相談ください。


こちらの画像は、LOVE FOOTBALL事務局でのグラウンド造成についての
レクチャーのときの画像より、お届けしています